主屋 外観西面 北から

吉村家住宅主屋

  • 府道堺阪南線側から望見

    主屋 玄関土間の大戸

    主屋 玄関土間 右手は座敷棟に続く

    主屋 つし2階内観 往来側を見る

名称吉村家住宅主屋/よしむらけじゅうたくしゅおく
所在地貝塚市西町12-7
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸中期(1661-1750)/江戸末期(1830-1867)増築
建物種別 産業・交通・土木
構造木造平屋建、瓦葺
概要説明江戸時代の木造平屋建(つし2階)住宅。吉村家は「主屋」と「道具蔵」「衣装蔵」の3件が登録文化財となっている。 江戸時代油屋,金融業を営んだ商家。主屋の北側主要部は古く,18世紀中頃まで遡ると見られる。貝塚では町家の座敷は上手側背後に増築されるのが通例であるが,ここでは幕末期に下手側(南側)に増築されているのが珍しい。奥座敷の両横に土蔵が隣接する。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考