glossary_category
建物名称
屋根形状・部位・葺材用語
綾筋(あやすじ)
板葺(いたぶき)
木の板で屋根を葺くこと、または葺かれた屋根。杉・椹・栗などの赤味がちの部分が用いられる。柾割より水が浸透しにくい年輪沿いに引き割った板が使われる。形状寸法によりにより、厚さ3分~1寸・幅3~5寸・長さ……
入母屋造(いりもやづくり)
 「母屋」の切妻屋根に、下屋である「庇」が回された屋根形式のこと。即ち「母屋が内に入った屋根」のことを意味する。
大棟(おおむね)
屋根の頂上において水平に走る主要な棟のこと。屋根の頂点は瓦が連続せず雨水が入り込みやすい。その部分に平瓦の半分のものを積み重ね、上に丸瓦を置いて雨水が入るのを防ぐ。これを棟という。厚板で鞍箱形に作った……
鬼瓦(おにがわら)
大棟または降り棟の端に雨仕舞と装飾をかねて用いられる瓦の総称。板でできたものは鬼板という。奈良時代には蓮華文や獣面などがあり、室町時代には角の生えた鬼面へと変化し盛行したのでこの名がある。民家では鬼面……
唐破風(からはふう)
 
経ノ巻(きょうのまき)
 
御所棟鬼板(ごしょむねおにいた)
 
錣葺(しころぶき)
 
獅子口(ししぐち)
儀式に使われる「鬼面」や「鬼板・鬼瓦」が抽象化されたものであろうが、「獅子口」の名称の由来は不明とされている。江戸時代に「獅子口」を使った棟を「御所棟」と呼んだらしく、「獅子口」そのものを「御所棟鬼板……
隅蓋瓦(すみぶたがわら)
役物瓦のひとつで、切妻屋根や縋破風(すがるはふ)に掛瓦を使用した場合、軒巴瓦・隅巴瓦・掛巴瓦の尻部分の接合点を覆う瓦である。お椀または鉄兜といわれる装飾のない実用本位の瓦を基本として、その上に種々の形……
照り屋根(てりやね)
照り起り屋根(てりむくりやね)
銅板葺(どういたぶき)
金属板葺に銅板を用いるもの。江戸時代以降に使用されるようになった。
留蓋瓦(とめぶたがわら)
役物瓦のひとつで、雨仕舞のために隅棟の尻部分(軒先から見えない側)を覆う瓦である。立浪模様、獅子、鳩、植物などの飾りが乗せられ、装飾的な意味もあわせ持つ。入母屋屋根において降り棟が設けられていない場合……
巴文(ともえもん)
軒唐破風(のきからはふ)
室町時代の大阪の神社建築には、「軒唐破風」を持ったものが何故か多い。「意賀美(おがみ)神社本殿」「錦織(にしごうり)神社本殿」「多治速比売(たじはやひめ)神社本殿」そして「観心寺訶梨帝母(かりていも)……
広小舞(ひろこまい)
数寄屋大工(住宅系)が「広小舞」及び「淀」と呼ぶ部材を、宮大工(社寺建築系)は「茅負」及び「裏甲(うらごう)」と呼ぶものと理解してよいだろう。 尚、「小舞(木舞)」とは、通しで用いる細長い角木のこと……
檜皮葺(ひわだぶき)
檜の樹皮を屋根葺材としたもの。止水性がよいことで屋根勾配は比較的緩くすることができ、屋根全体の姿が軽快で優美。また、杮葺や杉皮葺等に比して耐久性や防火性もよい。宮殿や社寺建築などに用例が多くみられる。
方形造(ほうぎょうづくり)
方形造とはいわゆる屋根形状を表す言葉である。平面が正方形の場合四面とも同じ形状で、頂点が一つに集まる屋根形状をいう。四注造とも呼ばれる。平面形状が八角形の場合は八注造ともいう。
本瓦葺(ほんがわらぶき)
寺院に多くみられる瓦である。平瓦と丸瓦を交互にに用いて瓦を葺く。丸瓦の軒先先端には巴瓦で仕舞をつける。現存する最古の瓦は奈良県の元興寺にある行基葺きの瓦屋根である。行基葺きも本瓦葺きであるが、丸瓦が上……
箕甲(みのこう)
曲面状の「箕甲」は、「檜皮葺」「杮葺」だけでなく「本瓦葺」でも用いられる。「瓦葺」の場合、数条の丸瓦と平瓦とも、ほとんどが規格外のサイズであり、役物瓦に近い納まりとなる。江戸時代以降のものや近代のもの……
起り屋根(むくりやね)
社寺・宮殿・城郭建築などには「照り屋根(反り屋根ともいう)」が最も多く、古式を伝える神社本殿や現代住宅は「直線屋根」であり、「起り屋根」は比較的に歴史が浅く、近世の住宅や関西地方の民家などに多いといわ……
寄棟造(よせむねづくり)
寄棟屋根を持つ建物の形式。寄棟屋根とは平面が長方形で、四隅に下棟を持つ屋根形状である。平面が正方形で四隅の下棟が一点に集中屋根形状は方形屋根という。
藁葺(わらぶき)