glossary_category
建物名称
平面・立面関連用語
閼伽井屋・閼伽棚(あかいや・あかだな)
阿弥陀堂(あみだどう)
平安・鎌倉時代に浄土信仰が流布するにつれて天皇・貴族・武士などによって寺院内や邸宅内に建立された仏堂。内部に極楽浄土の教主・阿弥陀如来像を安置するのでこの名がある。建築的には、常行三昧堂を源流とする方……
外陣(げじん)
 
間面記法(けんめんきほう)
 
金堂(こんどう)
日本最古の「金堂」は、聖徳宗・総本山「法隆寺」のそれで、日本最大は、華厳宗・大本山「東大寺」の「大仏殿」(正式には「金堂」と称する)である。 法相宗・大本山「興福寺」には、この度「中金堂」と「東金堂……
正堂(しょうどう)
神宮寺(じんぐうじ)
明治維新の神仏分離以前、日本の宗教観は神仏混淆の状態にあった。同一境内に、お寺では「鎮守社」を、神社では「神宮寺」が祀られていることが常態であった。渡来する宗教を、多くの人々は取捨選択することなく受け……
身舎(しんしゃ)
真反り(しんぞり)
隅延び(すみのび)
近世の軒は、正しく「隅延び」が行われず、両端だけを反り上げ、中程は直線としたものが多いが、そうすると中央が錯覚のため盛り上がって見える。鎌倉時代の「禅宗様」では、軒隅の反り上りは甚だしく、急に鋭く尖っ……
台盤所(だいはんどころ)
台盤という食器類を載せる脚付きの台が置かれて食事の用意をする室で、今日の台所の起源となる。台盤は平安貴族の調度品であったが、神社の祭具として現在も用いている場合がある。
塔頭(たっちゅう)
大寺院の敷地内にある小寺院や別坊のことで、脇寺 (わきでら)ともいう 。禅宗寺院の独特な形態である。
単層(たんそう)
歴史的建造物において、屋根の重なりがひとつであること。階数とは別で、建物が2階またはそれ以上の階数の場合もある。
中門廊(ちゅうもんろう)
妻入(つまいり)
建物の妻側に主出入口があることをいう。妻側とは建物の屋根の大棟と直角な側面であり、大棟と平行な側面は平側という。妻とは、端の意味で、切妻屋根は両端を切っているのでその名がある。
内外陣境(ないげじんざかい)
内陣(ないじん)
「金堂」・「本堂」建築の平面構成の大まかな変遷を述べておく。 先ず、法隆寺金堂は、内部に礼拝空間を持たず、礼拝者は内部に立ち入らないことが基本であった。南庭に据えられた「礼拝石」や「回廊」で仏事が行……
内々陣(ないないじん)
双堂(ならびどう)
この「正堂(しょうどう)」と「礼堂(らいどう)」の「双堂」の形式が発展し、一つの大屋根に納められたのが、いわゆる「本堂」形式であると考えてよい。東大寺法華堂の場合は、大屋根を架ける技術がまだ未成熟であ……
八角円堂(はっかくえんどう)
平面が八角の仏堂の総称。法隆寺夢殿、栄山寺八角円堂、興福寺北円堂などがある。多くは故人の霊をまつわる塔廟の性格を持つ。屋根は八つの流れで八注という。同様に、平面が六角の仏堂を六角堂と呼び、例は少ない。……
法堂(はっとう)
仏法を講じる禅宗建築の一。他宗の講堂に相当。三門・仏殿・法堂の順に一軸線上に並び、形態は仏殿と同一で、仏殿より大きくつくられることもある。方三間の身舎の四周に一間通りの裳階をつけ、内部は土間床とする。
庇(ひさし)
 
吹抜(ふきぬき)
吹抜は上下階の床の一部ないし全部が抜けて、上下階が空間的に一体となる状態をいう。吹放は、建物の外周部の柱間において、小壁以外に建具などの柱間装置が建て込まれていない状態をいう。
複廊(ふくろう)
 
本堂(ほんどう)
 
孫庇(まごびさし)
 
裳階(もこし)
 
母屋(もや)
「母屋(もや)」(奈良時代は「真屋(まや)」)と呼ばれる切妻屋根建物の中央部分の四周に「庇」空間が取り付いた形式のもので、屋根の接するところに段を設けたものを「錣葺屋根(しころぶきやね)」、 段を付……
礼堂(らいどう)
 
楼門(ろうもん)
社寺建築に用いられる楼形式の門。(二重門・にじゅうもんともいう)二階建てで、下層は屋根なし、上層は切妻造りの屋根をかけ、二階の縁には高欄が取り付く。屋根材料は特に定まっていない。間口が三間一戸のものは……
客殿(きゃくでん)
 
三十番神堂(さんじゅうばんしんどう)