glossary_category
民家名称
民家細部用語
揚見世(あげみせ)
主に関西の町屋において、みせの間の正面・軒下において柱外側に軸吊されている縁台。縁台の幅は半間、長さは1~2間。縁台の脚は外側のみに付けられ、縁台をまくり上げた時、脚が台裏内に収まる。大戸や出格子の横……
卯立(うだつ)
①近世民家において建物の両側に設けられた瓦葺等の小屋根付き袖壁。本来は身分の象徴を兼ねていたが、明治以降は単なる装飾と化す。防火を兼ねている場合も多い。 ②室町時代の民家とくに町屋において妻側の小屋……
指鴨居(さしがもい)
 
指敷居(さしじきい)
 
大黒柱(だいこくばしら)
民家の平面の中央付近、特に土間と座敷境、土間の表側と裏手の境目にある太い柱。
根太天井(ねだてんじょう)
民家において、つし二階等の大引や根太に厚い床板を張って階下の天井としたもの。踏み天井とも呼ぶ。簀子天井は、竹を並べて編み、その上に蓆を敷いて粘土を載せたものをいう。屋根裏の防火上の工夫の一つとされる。……
虫籠窓(むしこまど)
京都、大阪、奈良の町屋の厨子二階の道路側に設けられた、縦格子のある窓である。虫籠窓の格子は虫籠格子といい、四寸角の材を六割にしたものに、縄を巻き付けたものを縦格子とし、土を塗りこめてつくる。明治時代に……