glossary_category
細部名称
軒廻等主体部材用語
亜麻組(あまぐみ)
「疎ら組(まばらぐみ)」とも呼ばれる。「和様」の建築およびその系統のものに見られ、柱上だけに「斗栱組」を配置し、柱間の「中備(なかぞなえ)」には、「間斗束(けんとづが)」や「蟇股(かえるまた)」を配す……
茨垂木(いばらだるき)
内法貫(うちのりぬき)
「和様」の建物にあって、「内法長押」の後方にある「貫」のこと。「内法貫」が横力に対する構造的役割を担い、「内法長押」は化粧材的な扱いと考えてよい。室町時代には、「内法貫」は壁の中に塗り込まれるようにな……
内法長押(うちのりなげし)
 
腕木(うでぎ)
 
裏甲(うらごう)
 
海老虹梁(えびこうりょう)
 
扇垂木(おうぎだるき)
「扇垂木」は、原始住宅にもすでに現われ、農家屋根の「垂木竹」や「四阿(あずまや)」にも見られる。また、宗教建築でも、最古の「隅扇垂木」の例が四天王寺に遺されている。 また、中国・韓国の場合は、みな「……
尾垂木(おだるき)
「二手先」「三手先」と組物を出すに従って、「丸桁(がんぎょう)」の支持が不安定となり、軒が下がる懸念が増すので「尾垂木」によって支えることが考案されたと見てもよいだろう。「尾垂木」は、柱芯を支点として……
鬼斗(おにと、いがと)
斗の一。上下で45°食い違った肘木をうける斗で、通り肘木などの交わる隅肘木・隅尾垂木の先端などに置かれる。正方形で方斗より大きい。特殊な繰型がつけられる場合もあり、その下面が菊花形であるものを菊斗とい……
丸桁(がぎょう、がんぎょう、まるげた)
寺社建築において斗栱の一番先の手先の上にある横材で屋根周りを支える。垂木を受ける軒桁のこと。奈良時代のものは断面が円形であったのでこの称がある。断面が角形でもいう。その形で時代の新旧がわかることもある……
頭貫(かしらぬき、ずぬき)
柱頂部に渡してある「貫」の一種である横架材のこと。飛鳥・奈良時代では、建物にかかる横力をあまり考慮せず、柱だけで自立する構造であったので、一般的に横架材は細く、また仕口も単純なものであった。法隆寺では……
茅負(かやおい)
 
木負(きおい)
「二軒」の軒裏の構成は、軒桁から「地垂木」を差し出し、その鼻先を少し控えて「木負」を通し、それに溝を彫って「飛檐垂木」を落し込み挺出(ていしゅつ)する。さらに「飛檐垂木」の鼻先を少し控えて「茅負(かや……
切目長押(きりめなげし)
 
雲斗・雲肘木(くもと・くもひじき)
現存する最古の組物は、いうまでもなく法隆寺の「雲斗・雲肘木」(雲斗栱)である。組物は、通常、水平に挺出(ていしゅつ)した「肘木(ひじき)」と、その上に乗って次の「肘木」や「丸桁(がんぎょう)」を受ける……
雲斗栱(くもときょう)
 
虹梁(こうりょう)
「二重虹梁式架構」の場合、下の大きい方を「大虹梁」、上の小さい方を「二重虹梁」と呼ぶ。また、寺院建築の「外陣」の「柱」を省いたところに用いる梁も「大虹梁」といわれる。 「繋虹梁(つなぎこうりょう)」……
腰長押(こしなげし)
 
小天井(こてんじょう)
余談である。「小天井」の呼び方に似たものとして「小壁(こかべ)」という言い方がある。その他、建物に関して「小(こ)」を接頭語に冠する言葉はたくさんあるので列記しておく。 「小穴(こあな)」、「小板(……
小間返し(こまがえし)
 
笹繰(ささぐり)
飛鳥・奈良時代の「和様」や「禅宗様」に見られる細部意匠である。「肘木」の上に乗る、手前と手先の「斗」の間の、その上端を、見附が「笹の葉」のような形に、斜めに抉って見せる、繊細な細工のこと。肘を張って持……
鯖尻(さばじり)
 
皿斗(さらと)
 
地円飛角(じえんひかく)
平安時代以降の「和様」の基本は、両方とも角材を用い、「地角飛角」と変化する。只、古代の形式を採用することもあり、室町時代にもその違例はある。「地円飛角」が用いられているのは、奈良時代のものとしては、薬……
地垂木(じだるき)
 
繁垂木(しげだるき)
「繁垂木」は、ある程度格式をもった建物に用いられるのに対し、格式を下げる場合、或いは住宅系の場合は、垂木のピッチを広げる傾向にあり、明きの大きいものを「疎垂木(まばらだるき)」といい、さらに明きを広げ……
鎬(しのぎ)
 
地覆長押(じふくなげし)
 
錫杖彫(しゃくじょうぼり)
 
菖蒲桁(しょうぶげた)
隅扇垂木(すみおおぎだるき)
背返し(せがえし)
袖切(そできり)
厚みを持った「虹梁」を、「柱」に取り付く付近を斜めに切り取って納めるが、その部分のことを「袖切」と呼ぶ。そして、「柱」に取り付く付近の上方の孤形をなす出張った部分のことを「鯖尻(さばじり)」、下端に刳……
大斗(だいと)
斗組(ますぐみ)のなかで、最下にあって「斗栱」全体を受ける最大の「斗」のこと。一般には、柱頂部または「台輪」や「皿斗(さらと)」を隔てて据えられる。「斗」の上方の「肘木」を含む部分またはその深さを「含……
大斗肘木(だいとひじき)
台輪(だいわ)
柱頂部と「大斗」の間に入る横架材で、「頭貫」と合わせて構造的役割を担う幅広の厚板の部材のこと。 「和様」の「多重塔」に、古くからその使用が認められることは、あまり知られていないかもしれない。最古の法……
繋虹梁(つなぎこうりょう)
出組(でぐみ)
屋根を支える軒桁(丸桁)を前に出して、柱心から軒先までの出を深くする手法の一。柱上の出三斗を受ける大斗から壁面とは直角に枠肘木の一つを前方へ突出し、この上に壁面と平行に軒桁を承ける平三斗を載せたもの。……
天狗垂木(てんぐだるき)
天井長押(てんじょうなげし)
 
土居桁(どいげた)
 
通肘木(とおしひじき)
通し貫(とおしぬき)
斗栱組物(ときょうくみもの)
柱頂部にあって、軒の出を支える架構装置の総称である。基本は、方形の「斗(ます)」と「栱(ひじき)」(すなわち「肘木」のこと)という、単純な二材の組合せによって構成される。 先ず、柱上に「大斗(だいと……
斗繰(とぐり)
土庇(どびさし、つちびさし)
地面に柱を立て、深く張り出させた庇で、独立した柱・桁で支えられている。吹放ちで床は張られず、農家住宅では庇下は縁側に代わる縁空間として農作業の場ともなる。茶室や数寄屋建築などでは玄関入口通路や歩廊とさ……
長押(なげし)
「長が押し(ながおし)」の略。実は、中国・韓国には「長押」に相当する部材は無く、我が国独自に発達したものであるといわれる。 飛鳥奈良時代の木造建築の柱には、柱頭に落し込まれた「頭貫(かしらぬき)」と……
野物(のもの)
野屋根(のやね)
配付垂木(はいつけだるき)
鼻隠(はなかくし)
桔木(はねぎ)
日本の「和様」では、下から見える化粧材としての軒天と、その上に見えていない「野物(のもの)」と呼ばれる構造材とが、平安時代末期ごろに分離して、それぞれ別々に構成されるようになる。すなわち、その後、屋根……
飛檐垂木(ひえんだるき)
肘木(ひじき)
形状・繰形のそれぞれの特徴を列記してみる。「和様肘木」は、「肘木」の下端の繰り上げ曲面が、「木口(切り口)」のところで縦に切られているのが最も分かりやすい特徴である。法隆寺の建物は、「肘木」の上端に「……
菱曲をとる(ひしぐせをとる)
飛貫(ひぬき)
吹寄垂木(ふきよせだるき)
 
二軒(ふたのき)
上下二段で出の異なる垂木からなる軒。社寺建築にみられるもので、上段を飛檐垂木、下段を地垂木という。二軒に対して、地垂木のみからなるものを一軒という。飛檐垂木が二段となるものは三軒というが、例は少ない。……
舟肘木(ふなひじき)
「舟肘木」は、仏堂よりも神社・宮殿・方丈・住宅などに用いられることが多い。東福寺塔頭方丈である「龍吟庵」(現存する日本最古の方丈建築)にも用いられているが、開口部を広げた北側の室のそれは、「添え梁」の……
平行垂木(へいこうだるき)
 
方斗(ほうと)
 
巻斗(まきと)
 
疎垂木(まばらだるき)
 
三斗(みつど)
 
面戸(めんど)
 
持送り(もちおくり)
社寺建築における「持送り」の典型的な例は、「東大寺二月堂」に見られる三段構えの豪壮なものである。他にも、「吉備津神社」の、船の姿を模したような、「縁」を受ける「持送り」も、象徴的であり一間の価値がある……
遊離尾垂木(ゆうりおだるき)
 
輪垂木(わだるき)
 
割束(わりづか)
 
槓杆(こうかん)