glossary_category
建物名称
書院・茶室・能舞台等用語
一文字棚(いちもんじだな)
蝦束(えびづか)
 
掛込み天井(かけこみてんじょう)
茶室に使われる天井形式の一。天井を張らず化粧垂木が見える化粧屋根裏と平天井で構成されている天井、あるいはその化粧屋根裏を掛込み天井という。平天井よりさらに低い天井を落ち天井という。
雁木棚(がんぎだな)
 
下地窓(したじまど)
 
書院窓(しょいんまど)
上段の間(じょうだんのま)
苆壁(すさかべ)
砂摺り天井(すなずりてんじょう)
清楼棚(せいろうだな)
草庵(そうあんふうちゃしつ)
「茶」は、奈良時代後期ごろ、「磚茶(せんちゃ)」(磚とは瓦のこと)と称して、茶葉を固めたものを削って喫していた。後世、鎌倉時代に栄西禅師が、南宋から茶の種を持ち帰り、高山寺の明恵上人が茶畑を作ったのが……
台目畳(だいめだたみ)
「丸目(まるめ)」とは、茶の湯で使われる用語で、畳縁に接する畳表の「目の数」が一畳分すべて揃って見えることを意味する。 「台子(だいす)」とは、「書院・広間」での正式な茶の湯に用いられる「棚物」の一……
違棚(ちがいだな)
「違棚」の発生は、室町時代の中葉で、現存する最古のものは「東山殿(慈照寺)東求堂・同仁斎」の「付書院」に隣り合わせにつくられた「棚」である。江戸時代初期までのものは「地袋」を欠き「地板」を「押板」形式……
帳台構(ちょうだいがまえ)
付書院(つけじょいん)
床の間(とこのま)
座敷飾りのひとつで、床柱・床框・床畳または床板・落掛・床天井等で構成される。掛軸と三具足(花瓶、燭台、香炉)を飾るなどの空間。室町無時代の上段または押板床を原形とする。
中塗り留め(なかぬりどめ)
なかぬりどめ
躙口(にじりぐち)
張付壁(はりつけかべ)
半長押(はんなげし)
筆返(ふでがえし)
 
踏込床(ふみこみどこ)
床の間の一形式。床框なく地板の上端を畳面と同じ高さにしたものを踏込床といい、もっとも簡易な床形式である。それに対して、蹴込床は地板をやや高くして畳面との間に蹴込板(多くは銘木)や竹などを挿入したもの。
洞床(ほらどこ)
 
枕捌き(まくらさばき)
長押で床柱を三方まわす事を枕捌きという。床柱の裏面まで長押を回すと、枕捌きというが、裏面まで回さない場合は片捌きと呼ばれる。枕挟み、枕袴、巻裏捌きとも呼ばれる。
丸畳(まるだたみ)
 
能舞台(のうぶたい)
能楽を演じる舞台。京間三間四方の本舞台の奥に一間半三間の後座、右脇に半間三間の地謡座をつけ、鏡の間と後座との間に斜交する橋掛りをかけたもの。本舞台・橋掛り・楽屋などは屋根掛け、見所は露天のままとする。……