glossary_category
細部名称
妻飾・向拝等部位用語
豕扠首(いのこさす)
水平の「敷桁(虹梁)」に「扠首竿」という左右二本の斜材(登梁)を合掌形に組み、その中央に「扠首束」を意匠上挿し込んだ形式のものをいい。実際には、「扠首組」の二等辺三角形でトラスは完結しており、「扠首束……
猪目懸魚(いのめげぎょ)
「懸魚」とは、屋根の切妻部分の頂点や、その下の傾斜した箇所に垂下させた、装飾性と雨除けの機能を兼ねた彫刻のことである。名称・実体とも中国からの直輸入であるが、何故か韓国建築には、基本的に「懸魚」は下が……
兎毛通(うのげどうし)
 
梅鉢懸魚(うめばちげぎょ)
梅鉢紋は五角形であるが、輪郭がほぼ六角形に近い曲線をもったものを「梅鉢懸魚」と呼び、曲線を用いず直線ばかりでできたものを「切懸魚(きりげぎょ)」と呼ぶ。これらは「拝み」の箇所のみで「降懸魚」としては用……
笈形(おいがた)
「笈(おい)」とは、驢馬(ロバ)の背の左右に振り分けて荷を置くための道具のこと。その連想から付けられた名称であろう。「禅宗様」を象徴する要素の一である「大瓶束(たいへいづか)」の左右に取り付けられた、……
笈形付大瓶束(おいがたつきたいへいづか)
 
拝み(おがみ)
 
向拝(こうはい、ごはい)
日本の社寺建築は、古くはその平面が簡単なものであり、立面の正面・背面も同じような姿であった。ところが平安時代前期ころから、おそらく住宅系の住要求からか、神社建築の祭祀上の都合が影響したのか、神社本殿前……
虹梁蟇股(こうりょうかえるまた)
 
虹梁大瓶束(こうりょうたいへいづか)
 
縋破風(すがるはふう)
総向拝(そうこうはい)
大瓶束(たいへいづか)
鎌倉時代に、宋から伝わった「禅宗様」を象徴する装飾部材の一つで、上部に「斗」をのせ、「妻飾」 や内部の「虹梁」などの部位に用いられる、瓶子(へいし)のような形状の「束」のこと。 この「束」の特色は……
大瓶鰭(たいへいびれ)
手挟(たばさみ)
神社建築など、主に向拝柱の内側に、屋根の垂木勾配に沿って入れられた、ほぼ三角形の化粧板のことで、彫刻物であることが多い。これによって向拝柱上の組物と垂木の隙間がなくなり、納まりが良くなる。
千鳥破風(ちどりはふ)
階隠(はしかくし)
破風(はふ)
通常、「破風板」だけでなく、妻側にある付属物も含め、総称として「破風」と呼ばれる。 屋根形式として、「切妻破風」「入母屋破風」「切破風」などがある。 「破風板」の形状として、「直破風(すぐはふ)」……
破風の立所(はふのたてどころ)
鰭(ひれ)
覆輪(ふくりん)
 
前包(まえづつみ)
 「入母屋破風」「や「千鳥破風」などの「狐格子(きつねごうし)」(木連格子/きづれごうし)の下端、すなわち屋根の直上に配される水平の横木を「前包」という。古式のものは、「前包」を通って「狐格子」の「縦……
起り破風(むくりはふ)
 
結綿(ゆいわた)
 
魚尾形懸魚(ぎょびがたげぎょ)
 
切懸魚(きりげぎょ)