glossary_category
建物名称
神社・鳥居等名称
一間社(いっけんしゃ)
神社本殿において身舎の正面柱間の数で何間社と呼ぶことが多く、柱間が一間のものを一間社という。春日造りの社殿の多くがこれに相当する。また、形式の古いものにみられる柱間が二間の二間社には、出雲大社と住吉大……
権殿(ごんでん)
 
住吉造(すみよしづくり)
神社の本殿形式のひとつで、切妻造で棟に2本の置千木(おきちぎ)と3本の堅魚木(かつおぎ)を置く。妻入りで、正面2間分を1間、背面2間、側面4間の規模で、内部は前後に外陣と内陣に分かれる。丹塗で回り縁は……
摂社(せっしゃ)
神社本社と由緒の深い祭神が祀られるなど、本社とは別に祀られている神社のこと。本社の管理を受ける。 同じ境内地にあることが多いが(境内社)、境内地外にある場合もある(境外社)。
大社造(たいしゃづくり、おおやしろづくり)
神社の本殿形式のひとつで、切妻造で棟に2本の置千木(おきちぎ)と3本の堅魚木(かつおぎ)を置く。妻入りで、正面2間、側面2間の規模で、内部は一間分のみ壁で区切られ、神座は西を向く。素木造りで四周に高欄……
鎮守社(ちんじゅしゃ)
流造(ながれづくり)
神社本殿形式の一。切妻造で平入の前流れがやや長く延びて向拝となるもの。正面中央に板扉を設け、他の柱間を横羽目板張りとし、周りに勾欄付きの縁をめぐらして階段及び浜床を設ける。宇治上神社本殿はその最古例。
拝殿(はいでん)
八幡造(はちまんづくり)
神社本殿形式の一。三間二間の本殿の前に三間一間の前殿を建て、その間を相の間(合の間ともいう)として前後別々の屋根を架けて二棟を一棟のように扱ったもの。仏堂の双堂と同趣。九州の宇佐神宮本殿はこの代表例。
浜床(はまゆか)
神社において、本殿などの向拝下にある低い縁。宮司伺候の場、「浜縁」ともいう。民家では縁台や縁側、式台等を指すこともある。 ……
日吉造(ひよしづくり、ひえづくり)
神社本殿形式の一。大津市坂本の日吉大社にみられる。三間二間の身舎の前方と左右の三方に庇がめぐられ、一つの屋根の下にまとめられたもので、正面は入母屋造平入、背面は庇がなく袴腰風となるので聖帝造ともいう。……
幣殿(へいでん)
 
本殿(ほんでん)
元来は、祭礼に際して、一定期間に限り、神域において仮に設けられた施設に神霊の降下を仰ぎ、祭礼の後に取り壊されるものであった。「大嘗祭」の「悠基(ゆき)」「主基(すき)」などに見られる通りである。「本殿……
瑞垣(みずがき)
神社および古墳時代の皇居に巡らした垣。形式、材料などは問わない。伊勢神宮の場合は最も内側の垣をいう。一般の神社では垣は基本的に二重で内側を瑞垣、外側を玉垣という。玉垣も瑞垣と同じく、形式、材料は問わな……
脇障子(わきしょうじ)
回り縁の終端に設けられた、板の事を脇障子という。古いものには、羽目板に極彩色の花鳥を描いたものや、薄肉の彫刻を貼り付けたものがある。邸宅で脇障子を取り付ける場合は、羽目板を良質な柾目の無垢板とする場合……
割拝殿(わりはいでん)
平安末期ころに現れた拝殿の形式。横長の平面の中央を土間(馬道・めのどう)をとって通路としたもの。