glossary_category
細部名称
柱間装置部位用語
舞良戸(まいらど)
中世において初めて現れた板戸の形式。舞良戸は板の上に舞良子と呼ばれる細い桟と横方向に一定の間隔で取り付けたものである。舞良子の間隔や並べ方にによって、吹寄舞良戸、繁舞良戸などバリエーションが多くある。
明障子(あかりしょうじ)
現在では、「障子」といえば「明障子」のことのみを意味するが、元は「衝立(ついたて)」や「襖(ふすま)」などの総称であった。社殿の両脇奥に配される「脇障子」にその名残が認められる。 当然のことながら、……
板唐戸(いたからど)
扉の歴史は、軽量化と経済性を目標とした技術改良史でもあるといえる。飛鳥・奈良時代の扉は、重量があり、軸吊りでなければもたない。上部を「鼠走り」「楣」で、下部を「敷居(閾)」で吊り込んでいる。 法隆寺……
入子板(いれこいた)
腰高明障子(こしだかあかいしょうじ)
 
桟唐戸(さんからど)
「棧唐戸」が渡来する随分と以前、すでに奈良時代から、幅の狭い竪羽目張りを裏の棧で止める、片面張りの「板棧戸(いたさんと)」が多く使用されていた。平安時代後期の平等院鳳凰堂のものは両面張りの立派なもので……
付樋端(つけひばた)
敷居、鴨居などの溝の凸部分を樋端(ひばた)といい、敷居や鴨居、竪枠などに溝をつくって引き戸、あるいは上げ下げ戸などを建て込む際、溝を彫るのではなく、雇い木をつけることによって溝を作る場合、その雇い木を……
一筋子持ち障子(ひとすじこもちしょうじ)
襖障子(ふすましょうじ、ふすま)
襖のこと。唐紙障子ともいう。木で骨を組み両面から紙または布を張り、縁と引手を取り付けた戸。襖縁には上下縁・竪縁・定規縁がある。坊主襖はこの襖縁のないものをいう。草庵数寄屋(茶室)の太鼓張り襖がその例。
幣軸(へいじく)
「板扉」と「枠(額縁)」の納まりには、定まった形式がある訳ではない。古式は、「唐戸面」をもった「幣軸」を用いておらず、法隆寺金堂の場合は、「辺附(へんつけ)」と呼ばれる矩形の「五平(ごひら)」の材を「……
方立(ほうだて)
 
無双窓(むそうまど)
無双連子窓の略で、幅のある連子を縦に組んだ窓の内側に同形式の連子の引き戸を取り付け、一方に引けば、窓連子の隙間がふさがるようにしたもの。内側に連子の引き戸を取り付ける事によって、開けているときは、視線……
召合せ(めしあわせ)
建具同士を閉めたときに、お互いが接する部分をいう。ふすまなどの引き戸の召合せには定規縁(じょうぎぶち)と呼ばれる部材で隙間を見えなくするおさまりもある。定規縁がない場合は召合せ框(めしあわせかまち)な……
欄間(らんま)
天井と鴨居との間に設けられた開口部で、障子、組子、彫物などがはめ込まれたものをいう。採光および通風を考慮して設けられたものであるが、欄間自体が装飾になり、筬欄間、竹の節欄間など、様々な意匠の欄間がある……
連子窓(れんじまど)
細い角材を縦または横のみに並べた窓の形式を連子窓という。角材を縦に並べたものを、縦連子窓といい、横に並べたものを横連子窓という。多くは縦連子窓である。法隆寺の回廊にもみられる古くからある窓の形式である……
藁座(わらざ)
禅宗様建築にみられる扉の軸受けの事を藁座と呼ぶ。禅宗様以前の建築様式では、下部は地覆長押に上部は長押に軸受けを設けていたため、藁座は必要なかったが、禅宗様式になると、地覆長押などの部材の幅が小さくなる……
板棧戸(いたさんど)
一枚戸(いちまいど)
端喰戸(はしばみど)
両折戸(もろおれど・もろおりど)