glossary_category
細部名称
勾欄・須弥壇等部位用語
落縁(おちえん)
 
宮殿(くうでん)
 
組勾欄(くみこうらん)
 
格狭間(こうざま)
 
勾欄(こうらん)
「山門」の上層の縁周りに設けられる「勾欄」のように、実用に供する高さのものもあるが、実用を離れて、意匠上から「勾欄」を設けて、建築をうまくまとめることが古くから行われた。(山口の「瑠璃光寺五重塔」のよ……
金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)
 
須弥壇(しゅみだん)
上代の「須弥壇」としては、「薬師寺金堂」内の白大理石のものや、「唐招提寺金堂」内の花崗岩壇上積格狭間(こうざま)入りのもの、そして木造では「東大寺法華堂」内の八角二重のものがよく知られている。 平安……
胎蔵生曼荼羅(たいぞうしょうまんだら)
天蓋(てんがい)
仏像の頭上に懸け吊るされた蓋状の覆いのこと。原意は、印度の貴人が外出時に使う「蓋」をさす。「裂(きれ)」を張った「裂蓋」の他、木製・金属製もある。四周の縁に「瓔珞(ようらく)」を垂らす。(瓔珞とは、大……
昇り勾欄(のぼりこうらん)
架木(ほこぎ)
高欄の一番最上部にあるものを架木という。(高欄とは、縁に巡らせた手摺状のことをいう)架木の下には平桁を通し、下部は地覆を這わせる。
曼荼羅板(まんだらいた)
 密教寺院の「内陣」においては、左右すなわち、「西」に「金剛界曼荼羅」、「東」に「大悲胎蔵生曼荼羅」を掲げる。それらの板壁のことを「曼荼羅板」と呼ぶ。「須弥壇」は「北」に配置されるので、「金剛界」の上……
蕨手(わらびて)
 
瓔珞(ようらく)