glossary_category
構法・細工
相決り(あいじゃくり)
板を張り合わせるとき、乾燥しても隙間があかないように、隣り合う板の厚みをそれぞれ半分づつ欠きとること。接合する木材を半分づつ欠きとることを相欠きという。
足駄欠(あしだがげ)
蟻継ぎ(ありつぎ)
木材接手の一。一方の端に部材に鳩尾状(蟻形)の突出物、他方の端に同形の穴を掘り結合させる。引張力に対して抵抗できる、簡単で広く使われる接手である。蟻よりも引張り強度が勝るが、接合長さが必要となる鎌状の……
石場建て(いしばだて)
民家において礎石の上に直接柱を立てる工法。柱を直接地中に埋めて自立させる掘立て建てに対する語。礎石と接触する柱下端を石の合端という。現在の基準法では認められていないが、石と柱の摩擦力が有効に働く。
浮造り(うづくり)
 
折置組(おりおきぐみ)
小屋梁の端部の納め方の一。柱の頂部に直接小屋梁を架し、その上に軒桁をかけるもの。古代から用いられてきた。その逆で、柱の頂部にまず桁を渡し、その上に小屋梁をのせる納め方を京呂組という。
鴨居(かもい)
近畿地方の農家には、例外なく「差鴨居」が用いられるが、上座の座敷側だけを「長押巻(なげしまき)」とするのが普通である。要するに、座敷側の「差鴨居」を欠き込んで「釿名栗(ちょうななぐり)」を施し、左官で……
挿肘木(さしひじき)
東大寺南大門の断面図をよく見ると、「柱」に孔を穿(うが)ち挿し込まれた「挿肘木」の上に「斗」を据え、その上に「柱」を貫通して伸びてくる「肘木」の機能を兼ねた「通貫(とおしぬき)」を乗せ、徐々に「斗」の……
扠首(さす)
屋根を構成する小屋組の一で、「敷桁(虹梁)」と登梁である二本の「合掌(扠首竿)」とで構成される二等辺三角形の単純なトラス形式のことをいう。「敷桁」に「扠首竿」の先端を、文字通り「扠す(挿す)」ようにし……
扠首竿・扠首束(さすざお・さすづか)
 
敷居(しきい)
 
手斧(ちょうな)
投掛け梁(なげかけばり)
小屋梁の一。梁間の中央付近(桁行方向)に通した敷梁に向かって、前後から架けて敷梁上で継ぐものをいう。
楣(まぐさ)
 
柾目(まさめ)
柾目とは木材の繊維が方向にそろっている木目の面を柾目という。木材の中心から年輪に直行方向に板をとると柾目の板が取れる。柱などで四面が柾目の木目を四方柾という。柾目ではない木目を板目という。
遣鉋(やりがんな)
現代にみられる台鉋が出現する以前の古代の鉋。遣鉋は柄の先に槍先のような刃物を取り付けた鉋である。法隆寺の宮大工の西岡常一棟梁が再現して実際に使用している。遣鉋で削った後はまっすぐな平面ではなく、凹凸が……
二方差し(にほうさし)
胴差や差鴨居や足固め等の大断面横架材と柱との接続方法を表すもので、柱と二面接続する場合は二方差しと呼び、三面や四面以上接続する場合では三方差し、四方差しと呼ぶ。
貫構法(ぬきこうほう)
飛鳥時代の仏教建築の渡来は、日本の長い原始の眠りからの目覚めであったが、その当時の建物は、「頭貫(かしらぬき)」や「飛貫(ひぬき)」と呼ばれる横架材は用いられてはいたが、横力をあまり考慮しない、「柱」……