相決り

(あいじゃくり)

板を張り合わせるとき、乾燥しても隙間があかないように、隣り合う板の厚みをそれぞれ半分づつ欠きとること。接合する木材を半分づつ欠きとることを相欠きという。