一間社

(いっけんしゃ)

神社本殿において身舎の正面柱間の数で何間社と呼ぶことが多く、柱間が一間のものを一間社という。春日造りの社殿の多くがこれに相当する。また、形式の古いものにみられる柱間が二間の二間社には、出雲大社と住吉大社の本殿がある。柱間が三間の三間社には、賀茂別雷神社本殿・日吉大社の東・西殿などがある。