二方差し

(にほうさし)

胴差や差鴨居や足固め等の大断面横架材と柱との接続方法を表すもので、柱と二面接続する場合は二方差しと呼び、三面や四面以上接続する場合では三方差し、四方差しと呼ぶ。