八角円堂

(はっかくえんどう)

平面が八角の仏堂の総称。法隆寺夢殿、栄山寺八角円堂、興福寺北円堂などがある。多くは故人の霊をまつわる塔廟の性格を持つ。屋根は八つの流れで八注という。同様に、平面が六角の仏堂を六角堂と呼び、例は少ない。