前包

(まえづつみ)

 「入母屋破風」「や「千鳥破風」などの「狐格子(きつねごうし)」(木連格子/きづれごうし)の下端、すなわち屋根の直上に配される水平の横木を「前包」という。古式のものは、「前包」を通って「狐格子」の「縦子」が屋根に達するが、桃山時代に入り、「前包」の上に、さらに「須覆(すおおい)」という横木が乗り、その上で「縦子」が止まる。