台盤所

(だいはんどころ)

台盤という食器類を載せる脚付きの台が置かれて食事の用意をする室で、今日の台所の起源となる。台盤は平安貴族の調度品であったが、神社の祭具として現在も用いている場合がある。