塔頭

(たっちゅう)

大寺院の敷地内にある小寺院や別坊のことで、脇寺 (わきでら)ともいう 。禅宗寺院の独特な形態である。