大棟

(おおむね)

屋根の頂上において水平に走る主要な棟のこと。屋根の頂点は瓦が連続せず雨水が入り込みやすい。その部分に平瓦の半分のものを積み重ね、上に丸瓦を置いて雨水が入るのを防ぐ。これを棟という。厚板で鞍箱形に作った大棟を箱棟という。