大社造

(たいしゃづくり、おおやしろづくり)

神社の本殿形式のひとつで、切妻造で棟に2本の置千木(おきちぎ)と3本の堅魚木(かつおぎ)を置く。妻入りで、正面2間、側面2間の規模で、内部は一間分のみ壁で区切られ、神座は西を向く。素木造りで四周に高欄付きの縁がつく。島根県の出雲大社本殿や神魂(かもす)神社本殿が典型である。