天蓋

(てんがい)

仏像の頭上に懸け吊るされた蓋状の覆いのこと。原意は、印度の貴人が外出時に使う「蓋」をさす。「裂(きれ)」を張った「裂蓋」の他、木製・金属製もある。四周の縁に「瓔珞(ようらく)」を垂らす。(瓔珞とは、大日如来及び菩薩以下が付ける装身具)密教では、「金剛界・大悲胎蔵生・両曼荼羅」の上にも、正式には用いるとされている。