妻入

(つまいり)

建物の妻側に主出入口があることをいう。妻側とは建物の屋根の大棟と直角な側面であり、大棟と平行な側面は平側という。妻とは、端の意味で、切妻屋根は両端を切っているのでその名がある。