宝相華文様

(ほうそうげもんよう)

宝相華とは華麗な花という意。唐草模様の一種で、中国の唐時代、日本では奈良時代・平安時代に用いられた装飾的な模様。描かれた植物は架空の植物である。扉の八双金物などに用いられている。