平地伽藍

(へいちがらん)
伽藍・様式

山地伽藍(密教等)に対する呼称で、これまでの古代寺院やその後の鎌倉新仏教(禅宗等)以降のものはその類に属する。主として平坦地において軸線上に主要な建築物が対称的に整然とした配置を見せる伽藍形態を指す。