手挟

(たばさみ)

神社建築など、主に向拝柱の内側に、屋根の垂木勾配に沿って入れられた、ほぼ三角形の化粧板のことで、彫刻物であることが多い。これによって向拝柱上の組物と垂木の隙間がなくなり、納まりが良くなる。