折置組

(おりおきぐみ)

小屋梁の端部の納め方の一。柱の頂部に直接小屋梁を架し、その上に軒桁をかけるもの。古代から用いられてきた。その逆で、柱の頂部にまず桁を渡し、その上に小屋梁をのせる納め方を京呂組という。