日吉造

(ひよしづくり、ひえづくり)

神社本殿形式の一。大津市坂本の日吉大社にみられる。三間二間の身舎の前方と左右の三方に庇がめぐられ、一つの屋根の下にまとめられたもので、正面は入母屋造平入、背面は庇がなく袴腰風となるので聖帝造ともいう。