檜皮葺

(ひわだぶき)

檜の樹皮を屋根葺材としたもの。止水性がよいことで屋根勾配は比較的緩くすることができ、屋根全体の姿が軽快で優美。また、杮葺や杉皮葺等に比して耐久性や防火性もよい。宮殿や社寺建築などに用例が多くみられる。