流造

(ながれづくり)

神社本殿形式の一。切妻造で平入の前流れがやや長く延びて向拝となるもの。正面中央に板扉を設け、他の柱間を横羽目板張りとし、周りに勾欄付きの縁をめぐらして階段及び浜床を設ける。宇治上神社本殿はその最古例。