版築

(はんちく)

砂と粘土(石灰を混ぜた良質な粘土)とを交互に層状にして突き固める工法で、古代より城壁や建築物の基壇、土塀の構築に用いる。一方、瓦と粘土を交互に積重ねて造った土塀は練塀といい、寺院や民家にその例が多い。