瑞垣

(みずがき)

神社および古墳時代の皇居に巡らした垣。形式、材料などは問わない。伊勢神宮の場合は最も内側の垣をいう。一般の神社では垣は基本的に二重で内側を瑞垣、外側を玉垣という。玉垣も瑞垣と同じく、形式、材料は問わない。