石場建て

(いしばだて)

民家において礎石の上に直接柱を立てる工法。柱を直接地中に埋めて自立させる掘立て建てに対する語。礎石と接触する柱下端を石の合端という。現在の基準法では認められていないが、石と柱の摩擦力が有効に働く。