繧繝彩色

(うんげんさいしき)

同系統の色をぼかさずに段階的に表されたいろの濃淡。段ぼかしともいう。通常は青・赤・紫など二色以上の繧繝を組み合わせる。源流は西域にあり、唐で流行したものが伝来、奈良時代以降、繧繝彩色と称して仏画や仏寺などに用いられた。繧繝縁は繧繝模様を染出した畳の縁。