能舞台

(のうぶたい)

能楽を演じる舞台。京間三間四方の本舞台の奥に一間半三間の後座、右脇に半間三間の地謡座をつけ、鏡の間と後座との間に斜交する橋掛りをかけたもの。本舞台・橋掛り・楽屋などは屋根掛け、見所は露天のままとする。