舞良戸

(まいらど)

中世において初めて現れた板戸の形式。舞良戸は板の上に舞良子と呼ばれる細い桟と横方向に一定の間隔で取り付けたものである。舞良子の間隔や並べ方にによって、吹寄舞良戸、繁舞良戸などバリエーションが多くある。