蟻継ぎ

(ありつぎ)

木材接手の一。一方の端に部材に鳩尾状(蟻形)の突出物、他方の端に同形の穴を掘り結合させる。引張力に対して抵抗できる、簡単で広く使われる接手である。蟻よりも引張り強度が勝るが、接合長さが必要となる鎌状のものは鎌継ぎという。