踏込床

(ふみこみどこ)

床の間の一形式。床框なく地板の上端を畳面と同じ高さにしたものを踏込床といい、もっとも簡易な床形式である。それに対して、蹴込床は地板をやや高くして畳面との間に蹴込板(多くは銘木)や竹などを挿入したもの。