長屋門

(ながやもん)
民家名称

近世武家や庄屋等の屋敷の門形式の一。横長建物の中央付近を通り抜けできるもので、門部分の主構造は桟梁を受ける冠木と二本の親柱で、二枚の門扉と潜り戸をつける。扉脇の部屋は家臣や下僕の居所・物置等とされる。