鬼斗

(おにと、いがと)

斗の一。上下で45°食い違った肘木をうける斗で、通り肘木などの交わる隅肘木・隅尾垂木の先端などに置かれる。正方形で方斗より大きい。特殊な繰型がつけられる場合もあり、その下面が菊花形であるものを菊斗という。