鶴亀蓬莱石組

(つるかめほうらいいわぐみ)
庭園名称

作庭において、中国の神仙思想を基に、理想郷とされる蓬莱島や長寿のシンボル鶴や亀を現す石組を据えてその世界を抽象的、象徴的に表現したもの。神仙思想とは、古代中国で、人の命の永遠であることを神人や仙人に託して希求した思想。日本庭園は、自然をそのまま具現化するのではなく、他のものになぞらえて表現する「見立て」に特徴がある。