切目縁

(きりめえん)

大徳寺山門の上層の「勾欄」下の「縁」は、「縁框」(「掾」の鼻先の材)のみを厚みのある材を用い、そこに縦の「底目地」を切り込んで「切目縁風」に見せかける細工を施している。いわば「なんちゃって切目縁」である。この上層部分は、千利休(宗易)の寄進によると伝わるが、材の節約を勘案した、ひとつのデザインであるのだろう。この手法は、他でもよく見受けられ、一般化されていたのだろうが、少しく違和感がある。