大斗

(だいと)

斗組(ますぐみ)のなかで、最下にあって「斗栱」全体を受ける最大の「斗」のこと。一般には、柱頂部または「台輪」や「皿斗(さらと)」を隔てて据えられる。「斗」の上方の「肘木」を含む部分またはその深さを「含み」と呼び、「斗」の下方、四方曲面に刳った部分を「斗繰(とぐり)」と呼ぶ。