虹梁

(こうりょう)

「二重虹梁式架構」の場合、下の大きい方を「大虹梁」、上の小さい方を「二重虹梁」と呼ぶ。また、寺院建築の「外陣」の「柱」を省いたところに用いる梁も「大虹梁」といわれる。
繋虹梁(つなぎこうりょう)」は、「母屋」と「裳腰(もこし)」、「母屋」と「」、「本屋」と「向拝」などとの間を連絡する「虹梁」のことをいう。一端が柱頭上に、他端が「柱」の中腹に来るような配置となる。
海老虹梁」は、高低差の大きな「柱」を連絡するときに用いられるもので、「禅宗様」によく見られる。