頭貫

(かしらぬき、ずぬき)

柱頂部に渡してある「貫」の一種である横架材のこと。飛鳥・奈良時代では、建物にかかる横力をあまり考慮せず、柱だけで自立する構造であったので、一般的に横架材は細く、また仕口も単純なものであった。法隆寺では、柱頂に溝を掘り、左右二材を突き付けているだけであるし、隅柱では、二材は接しておらず、単に嵌め込んだだけとなっている。これでは横力に対しての役には立たない。
「頭貫」が、講座尾的な役割を果たすようになるのは、鎌倉時代に入ってからである。「大仏様」では、「頭貫」を特別な横架材と見ず、柱頂に挿し込まれた「通貫」のなかの一本といった扱い方をするが、「禅宗様」では、その他の「貫」は細くするが、「頭貫」だけは奈良時代のものより太くし、さらにその上に、広幅の厚板である「台輪」をのせる。また「和様」でも、中世には、柱頂の溝に引っ掛かりを付けたり、左右の二材を「台持ち継ぎ」にしたりといった、さまざまな仕口・継手が考え出される。
「大仏様」「禅宗様」ともに、隅柱部で「相欠き」で継ぎ、柱より持ち出し、出鼻にそれぞれ特徴のある繰型状の「木鼻」を付ける。

関連用語