主屋 外観南面 東から

山田家住宅主屋

  • 主屋 虫籠窓

    主屋 往来側内観

    主屋 床廻り

    主屋 摺り上げ大戸(上げ戸)

名称山田家住宅主屋/やまだけじゅうたくしゅおく
所在地貝塚市北町
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸末期(1830-1867)
建物種別 住居
構造木造平屋建、瓦葺
概要説明江戸時代の木造平屋建(つし2階)住宅。 山田家は願泉寺住職で貝塚寺内町を治めたト半家の家来を勤めた家柄で、江戸末期から古美術商を営み、今日に至る。願泉寺北側の堀之町筋に南面し、主屋は間口6間奥行11間の敷地一杯に建つ切妻造桟瓦葺(前面庇本瓦葺)で,2階壁面を銅板張とするが,以前は本瓦葺,漆喰塗りであった。玄関に摺上げ大戸を残し,建物全体も良好に維持されている。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考