東側の周囲は附属屋等で囲われる

藤野家住宅

  • つし2階は虫籠窓のある土壁

    主屋の正面

    主屋内部・土間部分

    広い庭は樹木に覆われる

名称藤野家住宅/ふじのけじゅうたく
所在地藤井寺市藤井寺
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代主屋:明治26年(1893)~
建物種別 住居
構造主屋:木造平屋建 入母屋造桟瓦葺  
概要説明藤野家は江戸時代に、稲作と木綿作で生産力の高かった藤井寺村の庄屋代官を代々務めた。葛井寺の南大門を通る東西道路に面して表門を設ける。入母屋造桟瓦葺、正面を黒漆喰塗で腰を簓子下見板張とした風格のあるつくりの主屋は敷地中央に建ち、付属屋や土塀などにより屋敷全体が囲まれている。主屋に備えられた式台、玄関の間や作業庭よりはるかに広い座敷庭など,往事の庄屋屋敷としての景観を今もなお残している。主屋・表門・東門及び長屋・米蔵及び道具蔵・物置・納屋・鳥小屋・露地門及び塀・塀の9件が国登録有形文化財。
文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学非公開
備考