このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称青山ビル/あおやまびる
所在地大阪市中央区伏見町2-2-6
TEL/FAX06-6231-6397(TEL)/06-6231-6396(FAX)
HPhttp://www.aoyama-bld-osaka.co.jp/
E-mailinfo@aoyama-bld-osaka.co.jp
建築年代1921年
建物種別 その他施設
構造鉄筋コンクリート造 地下一階 地上5階
概要説明

西園寺公望の渡欧に同行した野田源次郎が、その時の見聞をもとに大正10年に建てたスパニッシュスタイルの個人邸宅。設計施工は大林組、増築部は伊東恒治の設計。その後青山家の邸宅となり、戦後はGHQ将校用施設として利用されたことを契機にテナントビルとなる。外壁を覆う蔦は甲子園球場より株分けされ現在2代目。館内には、大正時代のステンドグラスやガラス窓、階段手すりのねじり細工、食堂のマントルピース、植物文様のモールディングなどの美しい装飾が現存する。平成9年に国登録有形文化財に登録。

文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンクhttp://www.aoyama-bld-osaka.co.jp/
見学見学可能
備考