主屋 外観正面 坂の下から

利齋家住宅主屋

  • 主屋 外観正面 坂の上から

    土蔵

    主屋 屋根のしころ葺き

    主屋 玄関式台

  • 主屋 ガラス戸と舞良戸

    主屋 「官許 のぼせ引下薬」の看板と薬研

    主屋 登録プレートと消火用の投げバケツ

    主屋 軸組、小屋組架構

名称利齋家住宅主屋/りさいけじゅうたくしゅおく
所在地貝塚市北町18-3
TEL/FAX072-422-0023(電話)
HP
E-mail
建築年代江戸中期 (1661-1750 )
建物種別 産業・交通・土木
構造木造平屋建、瓦葺
概要説明江戸時代の木造平屋建(つし2階)住宅。利齋家は「主屋」と「離れ」「土蔵」の3件が登録文化財となっている。 利齋家は薬種業を営む有力町人で、明治期からは漢方医でもあったという。堀之町筋と御下筋が交差する角地にある。主屋は堀之内筋に南面し、その背後に中庭を隔てて離れが建ち、西側の御下筋に面して土蔵が建つ。主屋は後の改造が大きいが、寺内町でも最古に属する。離れは大正13年(1924)頃の建物で、暖炉のタイルや窓のステンドグラスが現存、土蔵は江戸後期とされる桁行10間の袖蔵である。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学見学不可
備考