表千家不審菴を写す惣庵

和泉市久保惣記念美術館茶室 惣庵 聴泉亭 楠蔭庵 正門 玄関 内腰掛待合...

  • 表千家残月亭を写す聴泉亭

    太鼓橋の袂に位置する楠蔭庵

    太鼓橋の前方に東面して建つ正門

    木造平屋建瓦葺、妻入の玄関棟

  • 梅見門の東側に建つ内腰掛待合

    正門の北側に位置する外腰掛待合

    切妻造銅板葺延長2.7mの中潜

    聴泉亭の外露地に位置する井筒

  • 惣庵の内露地から見る梅見門

    惣庵内部

    聴泉亭内部

    残月の間から9畳の間を見る。

  • 原叟好みの楠蔭庵内部

    外部より玄関内部を見る。

    松尾川西北に位置する茶室の屋並

    約5,000坪の敷地の美術館

名称和泉市久保惣記念美術館茶室 惣庵 聴泉亭 楠蔭庵 正門 玄関 内腰掛待合 外腰掛待合 中潜 梅見門  井筒/いずみしくぼそうきねんびじゅつかんちゃしつ そうあん ちょうせんてい しょういんあん せいもん げんかん うちこしかけまちあい そとこしかけまちあい なかくぐり ばいけんもん いづつ 
所在地和泉市内田町3-6-12
TEL/FAX0725-54-0001 (TEL)/0725-54-1885(FAX)
HPhttp://www.ikm-art.jp/
E-mail
建築年代昭和12年(1937年)  楠蔭庵: 昭和16年(1941年)
建物種別 住居
構造木造平屋建、瓦葺 または 銅板葺
概要説明和泉市久保惣記念美術館の庭園内、松尾川にかかる太鼓橋を渡った所にある。美術館は、和泉市で明治時代以来、綿業を営んだ久保惣株式会社と久保家より、美術品、建物、敷地等が市に寄贈され、昭和57年に開館。同時に寄贈された茶室は、表千家の茶室・残月亭と不審菴を写した聴泉亭と惣庵で、昭和12年(1937年)に二代久保惣太郎夫妻によって建設された。聴泉亭と惣庵の名称は表千家13代即中齊による。設計施工は平井工務店(当時の代表者・平井儀三郎)。他に楠蔭庵、正門、玄関、内外腰掛待合、中潜、梅見門、井筒の合計10件が登録されている。
文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学見学不可
備考2019年3月現在、安全性確保のため耐震化に取り組んでおり、公開を中止しております。(公開再開時期は未定)