このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称旧海野家住宅主屋 噴水泉 塀/きゅううみのけじゅうたくしゅおく ふんすいせん へい
所在地泉大津市助松町
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代昭和3年/1928/1945・1980・2015改修
建物種別 住居
構造木造2階一部平屋建、瓦葺
概要説明

主屋は木造2階建て切妻造で、外観は白い壁に赤瓦を葺き、アーチ窓を多用したスパニッシュ様式でまとめられており、南ヨーロッパの住宅を思わせる。 敷地を取り囲む塀と、庭園施設としての壁泉や噴水泉が本住宅の景観を特徴づけている。塀はアーチのある列柱を思わせる意匠のため、投視図的効果がある。庭園の中心をなす噴水は、長方形の各辺中央を円弧状に膨らませた形状の泉の中央に、花弁状の噴出し口を設けている。曲線と直線の変化があり、空間的奥行きが与えられている。

文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学見学不可
備考©泉大津市教育委員会

ルート検索